大田市場の野菜ニュース 1003

2020.10.03

野菜通信

大田市場の野菜ニュース 1003

From池田 将義

毎度ありがとうございます。
過ごしやすい日々が続いています。

長期予報ではこの先も例年より気温が高めの日が続くようで
この先の野菜の価格については期待できそうな雰囲気。

直近ですと野菜相場は10月に入り少し上がっています。

今週は秋の旬野菜のご案内を中心に相場レポートをさせて頂きます。

 

 

季節を演出するあしらい

あしらいは、赤もみじ、青紅葉、青イチョウ、柿の葉などが続々入荷しています。
黄イチョウだけはまだ数量が少なく欠品がでておりますので、もう少しお待ちください。
(気温が下がらないので紅葉しないとの情報です)

 

今週の大田市場、野菜の価格は上がっています。

稲刈りシーズンに突入しているため、野菜の出荷量が増えてきません。
ここ最近の相場安から調整ムード。

特に東北産地からの野菜の入荷が少ないです。

高値である
・トマト
・パセリ
・長ネギ
・大根

生産者さんがお米の収穫時期になっているため10日頃までは
野菜の入荷数量が増えない見通しのようです。

次の産地である九州地方からの入荷が増えるまで
しばらく厳しい状況が続く事が予想されます。

パセリは来週には下がってくれる見通しですので
今しばしお待ちいただければ幸いです。

 

価格が安くなったやさいもあります

・キャベツ
・小ねぎ
・万能ネギ
・レタス
・なす

少しずつですが量が増えてきているので
来週以降はもう一段下がってくれると思われます。

 

この先の野菜の価格の見通しは

今年は8月後半で野菜の相場が下がっており
生産者さんの出荷意欲が低下しているようです。

産地には野菜がある程度あるとの情報ですので
来週もしくは再来週には野菜の価格が下がるとみています。

例年の野菜の価格の推移データを見ますと、
この先12月までは相場の下がる時期です。

特別なことがなければ高くなる要素は殆どございませんので
ご安心してください(^^)

こだわり野菜のご紹介です

ロマネスコ

ロマネスコがようやく安定してきました。
焼き野菜やサラダ、バーニャカウダに是非お試しください!

その他、紅しぐれ大根やカラフルミニトマトも順調に増えてきています。
カラフルな野菜を使ってメニューを彩鮮やかに!

 

安納芋、紫芋

さつま芋は、収穫直後の今時期よりも、貯蔵した冬に糖度が高くなります。
冬メニューのご参考に。

れんこん

サクサク、もちもちの蓮根もこれからが旬です。
天ぷら、焼き物、炒めもの、お浸し、グリル、きんぴら、、、
万能選手ですのでぜひともお試しください。

今週は特売にてご用意しております。

 

輸入松茸

中国産のPKは2000円でご用意しています

 

果物の一押しはこれからが旬の柿!

 

柿

柿は白和え、クリームチーズとも相性いいので一品料理におすすめです。

 

 

今週の特売です

赤もみじ     300円
蓮根                      600円(1kgPK)
インカのめざめ    300円 (1kgPK)
柿       200円(2個入り)

 

彩豊かなジャガイモも入荷しています(やや入荷不安定)

①黄色い芋、インカのめざめ
②紫色の芋、シャドークイン
③赤色の芋、ノーザンルビー

今年は入荷が不安定なので参考商品として…