大田市場の野菜ニュース 0514

2021.05.14

市場情報

大田市場の野菜ニュース 0514

From 池田将義
 
毎度ありがとうございます。
気温のアップダウンが激しい今日この頃。
体調のほうはいかがでしょうか。

連休が明けて少しずつですが、
野菜の入荷量が増え相場が安くなってきました(^^)

 

 

今回は産地のレポートからご案内



今週はバイヤーと北海道の産地視察と産直契約に行ってきました。

見渡す限りの広大な畑では、農作業の真っ最中。
北海道はとにかく畑の面積が大きい。

東京ドームと同じサイズの畑(約5町歩)で生産者さんが颯爽と働いていました。

東北、北海道は苗の定植時期です。

玉葱50トン、メークイン5トンなどなどスーパー向けの産直野菜を契約
野菜の大人買いをお供させてもらいました

産地からは食品スーパー、加工メーカー、カット野菜工場や飲食店へとお届けしています。

野菜の売れゆきが鈍って困っている産地、生産者さんの役に立てるよう
今年はより生産に近いプロジェクトにも挑戦する予定です。

(詳しくは北海道の出張レポートをご覧ください!)

 

 

今週の大田市場の野菜相場は少し下げました

GW明けたこの時期は生産者さんが農作業を優先してしまいます。
そのため収穫が後手となり、入荷数量は微増の状況です。

葉物を中心に安い品物も多く、高い価格帯ではありませんので
ご安心いただければと思います。

安くなった野菜は果菜類が中心

じゃが芋
ほうれん草
茄子
トマト
オクラ

来週以降は、入荷が増えて野菜の価格は安くなる見通しです。
じゃが芋類に関してはまだ高値が続く見通しです。
緊急措置として中国産のものを

 

この先リスクは梅雨です

梅雨時期は、カビ系の病気で野菜の鮮度が下がる傾向にあり
値段も高くなりますのでご注意ください。

今年は例年より19日も早く沖縄、鹿児島の梅雨入りが
始まったことが心配しています。

鹿児島にある当社の契約産地の生産者さんも収穫に追われて大変なようです。
九州地方はこれからの主力産地ではありませんが、
梅雨入りの早さが異常気象の可能性もあるので懸念しています。

※5月後半より玉葱が新物に切り替わります。
新玉ねぎは貯蔵と比べ水分が多くなっております。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

今週は旬のフルーツをご提案

アルコールが出せない今の時期は
「フレッシュフルーツのノンアルカクテル」に挑戦してみてはいかがでしょうか!

今年はスイカをはじめフルーツが美味しい年です

お得な特売もご用意しております。
ぜひお試しください

 

小玉すいか


甘みが乗ってきました!
ドリンクメニューにもお試しください。
大玉もお得に出せるので生搾りジュースに◎

 

赤肉メロン


メロンはこれからが旬です。
写真は茨城産の赤肉メロン。
国産のアンデスメロンも入荷しています。
国産が目立ちますが、、

輸入のハネジューメロンは安くて味が乗ってウマいです!
 

アメリカンチェリー


今年は不作傾向のようで、安くなりにくいとの情報です。
でもでも、、今週は頑張って特売ご用意します!

 

ピーチパイン


沖縄産、芯まで美味しいパイナップルはいかがでしょうか~
季節限定のピーチパインはほんのり桃の香りがするパインです。
入荷がない場合にはスナックパインにて代替えさせて頂くことがあります

 

国産マンゴー


国産は高級品。
まだ1PK2000円近くの価格です。
 

完熟アップルマンゴー(メキシコ産) 

輸入のマンゴーでも航空便でくる完熟物は十分おいしいです。
価格もお手頃でご用意できるのでぜひお試し下さいね。


 (そのほか、タイ産の航空便マンゴーもご用意しています)

 

 

野菜の特売もご用意しました

米茄子


 
これは来週の特売で100円でご用意する段取りを組んでまいりました。
最近の米茄子は育ちがいいためか、少し長い傾向にあります。
B品ではないのでご安心くださいませ!
 

トマト

 

バイヤーがトマトを安く仕入れてくれたので
特売をご用意させて頂きます!! 

 

今週の特売

・米ナス      1個    100円  
・トマト         1個     80円
・トマト(安)1箱  1000円
・小玉スイカ 1個 900円

・アップルマンゴー  1個400円
・アメリカンチェリー 1PK 400円

ご用意させていただきました!
特売のリクエストがあれば営業までお気軽にお声がけくださいね

 

 

編集後記

北海道はでっかいです。
少しだけ雑談を!

今回の日程では札幌から帯広に5時間かけて移動しました。
驚いたのが天気も気温も違うこと。

 

帯広の一部では先日大雨が降ったようで畑がレンガのような状態に。
こちらは長葱の苗です。
スーパーとの契約栽培で2反歩の試験栽培をしております。
収穫は9月頃を予定しております。

長ネギはKg単価も高めなので生産者さんの収入も多い野菜ではあるのですが
畑で栽培する日数が長いのが難点…

土寄せなどの作業もあるので手がかかるのですが、他の作物と時期が被らないので
この先の力を入れていく予定です。

 

スーパー向けの大根の畑です。

 

 

スーパー向けのアスパラガスの畑です。

こちらはスーパー向けのじゃが芋の契約栽培の畑。
じゃが芋は「ジャガイモシストセンチュウ」という害虫が蔓延しており
九州も不作、北海道との産地切り替え時期は大騒動になると予想されています。

スーパー向けだけでなく、加工食品向けのじゃが芋もニーズが高まっているため
今年は契約栽培を強化し数量の確保をしています。

加工原料をはじめスーパー青果用の野菜の産直流通まで一気通貫でバリューチェーン構築を
しておりますので、関わる皆さまの幸せに少しでも貢献できるよう挑戦は続きます。