大田市場の野菜ニュース0509

2020.05.09

野菜通信

大田市場の野菜ニュース0509

From 池田将義
 
毎度ありがとうございます。
過ごしやすい日が続いていますね。

いろいろな問題が山積みな中で沢山のご注文有難うございます。

GWが明けて野菜の相場はガクッと安くなっておりますので
ご安心ください。

頑張っているお客様に少しでも安く野菜をご納品できるように。
安いだけでなく、鮮度、品質、サービスでご満足いただけるように。

仕入れを強化し、走り続けていく次第です。

 

連休が明けて少し静かな大田市場です
今回は初夏を感じる野菜10選をご紹介しますね

GW中に市場内の競売場の場所が移動しました。


 

初夏を感じる陽気。季節のあしらいは

 「ツツジの花」

「南天」「青もみじ」

お料理にプラスワンしてみてはいかがでしょうか(^▽^)/

春が旬の『筍』や『山菜』は間もなく入荷が終了となります。
これからは初夏の野菜がメインとなりますので
どうぞお試しになってください。

 

今週の大田市場の野菜相場は全体的に下げています

連休明けて産地からの入荷数量が増えてきています。
そのお陰で全体的には潤沢な状況です。

キャベツ
大根
人参
小松菜
トマト

連休を控えて出荷量が減少していた野菜が増えてきているので一安心です。
この先気温が安定するともう一段下がると見ております。

産地の切り替わりで価格が上がっている品目が少しあります。

じゃが芋
長ネギ
赤キャベツ

じゃがいも、メークインは新ものに切り替わった影響で
価格が少し上がっています。

新じゃが系統は水分が多くご不便をおかけしますが
ご理解いただけると幸いです。

この先クレソンが品薄になります

毎年のことなのですが、6月前後には花が咲く時期になるので
入荷数量が全量そろわないのでご注意くださいませ。


 

今週は初夏の美味しい野菜10選を
まとめさせて頂きました!

 
皮付ヤングコーン

言わずと知れた初夏の激ウマ野菜です。
焼いても揚げても美味しい自信ありの一品です。
今週は特売でご用意しておりますので是非お試しくださいませ。
入荷はGW明けから6月末頃までとなります。


彩ミニトマト

彩の美しいミニトマトは、紫、オレンジ、緑、黄色とMIXしてます。
全体的に酸味が強いものが多いのですが
肉料理などにはさっぱりして相性がいいです!

 


姫たけのこ

アクがなくて使いやすい姫筍。
下のソラマメと一緒に皮ごと炙り焼きして一品はいかがでしょうか。
天ぷらも

 


そらまめ

枝豆もボチボチ入荷始まってますが、まだ高値&豆が小さい。
6月中旬までは「そら豆」が良いです!
おすすめはかき揚げです。


オクラ

1年中流通しているオクラですが出始めの国産オクラは柔らかい。
さっと湯がいて色をより鮮やかににて
サラダや天ぷら、薬味にお使いくださいね。

 


谷中生姜

谷中生姜は2種類あり、こちらは「ツバメ」と呼ばれる種類。
根が分離している1本谷中もあるのですが、こちらは年々生産者さんが
減少しているため入荷は少量です。

 


ジャンボしし唐

まだ万願寺とうがらしが高くて使えない。
お客様からご相談を受けての紹介です。
ジャンボシシトウはじっくり火を通すと甘くなります。
肉詰めや天ぷら、揚げ浸しやパスタにいかがでしょうか。

 


水茄子

べジクルの人気商品、水ナス。
大阪生まれの水分たっぷりお茄子は生で食べて美味しい。
薄くスライスして肉味噌つけて一品出来上がり。

 


白うり

浅漬けが定番の使い方ですが
下の黄色ズッキーニと合わせてバーニャカウダにいかがでしょうか。
夏季限定の生食できるお野菜です。

 


黄ズッキーニ

黄色い野菜が少なくなってきた時期ですが、黄色いズッキーニは
安定入荷しています。
もちろん見た目は黄色だけど、味はズッキーニ。
油をよく吸い込んでくれるのでオリーブオイルと相性◎ですよ!

 


ここからは番外編

 
実山椒
小粒でもピリリと辛い山椒。お料理のアクセントにいかがでしょうか
入荷時期はここから1月弱。
あっという間に走り抜ける旬をお楽しみください。

 
小梅・・・参考商品
梅は梅雨の時期からが本番です。(6月です)
今はまだ取り扱っておりませんのですが、、参考までに。

 
加賀太きゅうり
生でかじるキュウリとは違います。
どちらかと言うと白瓜や冬瓜に近い品種になります。

中の種が大きく、種を除外して使用し、すり流しなど和食に使用されています。


今週の特売のご案内

皮付ヤングコーン
黄ズッキーニ
谷中生姜
 そら豆
青もみじの葉

をご用意させていただきました!
お値段は月曜日に届く野菜通信をお楽しみにどうぞ~

 

 

今のところは、他の地域には影響はありませんが
常に天気情報はチェックしています。

これからの主力産地の北日本は平年並みの予想も出ていますが
何が起きるかわからないのが夏の特徴。

べジクルの新物流センターでは、冷蔵庫を増設しました。
夏場に備えて少しでもご安心いただけるよう日々精進。

今からしっかりと準備をしお客様に最善を尽くせればと考えております。