今週の野菜ニュース0911

2020.09.11

野菜通信

今週の野菜ニュース0911

From 池田 将義

毎度ありがとうございます。
少しずつですが過ごしやすくなってきました。

今年の夏も異常な暑さでしたね!
最近では毎年台風の被害も大きくなっているので
これから先の台風シーズンは気は抜けません。

野菜の価格は下げてきているのでご安心ください。

 

 

季節を彩る今週のあしらい

また、今週は季節を演出する「あしらい」と「果物」をご案内させていただきます。
下の写真は左から「青いちょう」「赤もみじ」です。
今週は各300円でご用意しています。是非お試し下さいませ!

 

今週の大田市場、野菜の価格は安定価格で推移

毎年この時期には産地の切り替え時期「端境期」にあたるため
野菜の価格が最も高い時期です。

しかし、今年は少し様子が違います。
過去5年で見ても最も野菜の価格が低く推移しています。

大田市場内の情報によると入荷数量は23%減と決して多くなく。

夏の酷暑のダメージで終盤産地の出荷量は増えていないのが現状ですが
業務用野菜の仕様が大きく減っており、需要が弱すぎるための価格低迷です。

価格の安い野菜をご案内

玉葱
じゃがいも
キャベツ
サニーレタス
グリーンリーフ
水菜
トマト
きゅうり

新物の玉葱やじゃがいもは今のところ、豊作のようです。
野菜価格は軟調で推移しています。

夏の野菜、サラダに使われる野菜の多くは安い価格帯です。
ご安心ください。

 

価格が高値圏の野菜をご案内

大根
白菜
ほうれん草
パクチー
パセリ
 にら

 

根菜、葉茎野菜、葉物は高めの価格で推移しています。
これらは冬野菜なので暑さに弱い傾向にあります。

毎年夏場は東北や北海道など産地が限られてしまうのでご理解いただけると幸いです。
ここから産地の切り替え時期になるので高くなる要素がある事をご案内させていただきます。

 

野菜の産地の切り替え時期は野菜が高い!?

野菜の価格変動には天候などの外部要素が多くを占めているのですが
産地の切り替え時期は定期的に野菜が高くなる傾向にあります。

端境期とは、四季ごとに産地が切り替わっていく
「切替え時期」なのですが
特に〈夏→秋〉〈冬→春〉は高値になる傾向があります。

夏の産地である東北、北海道、長野から
秋の産地である茨城、群馬など北関東産に切り替わります。

終了になる産地では出荷数量が減る傾向にあり
新しい産地では出荷が始まっていないという状況です。

野菜の相場価格は需給関係にて変動します

入荷が増えれば安くなり
入荷が減れば高くなります。

商品需要が高まれば高くなり
商品需要が下がれば安くなります。

今の時期は全体的に需要が弱いので入荷量が少なくても
ある程度で止まってくれているように見受けられます。

この先の野菜価格の推移は入荷量により大きく変動があります。
しかし、秋の産地が始まる9月中下旬には落ち着くので安心して下さい。

この高値は毎年のお決まりパターンで、例年ですと9月の3週目まで続く傾向があります。
少しでも安心してもらえる環境を作るために最善を尽くします。
ご不便おかけして心苦しい限りなのですが何卒宜しくお願い致します。

 

旬の野菜、旬の果物のご案内

松茸


輸入の松茸ですが、中国産が残り僅かとなってきておりした。
この先産地がアメリカ、カナダ産に切り替わる予定です。
写真左が中国産、右がカナダ産です。
見た目が少し丸っこいのですが香りは良いのでご安心ください。

国産は少しずつ増えてきているので予算感を教えてもらえると
狙って仕入れるので前日までにご注文をいただけますでしょうか
 


むかご

ようやく入荷が増えてきました。

「むかご」とは山芋の葉の付け根にできる芽の一種。
コロコロとした見た目が可愛いのですが、香りがしっかりあるので
炊き込みご飯や素揚げで美味しく食べられます(^^)


安納芋に紫芋


新物のお芋が入荷しています。
安納芋も紫芋も1本から
お出しできますのでお気軽にご注文下さいませ。
新物のさつま芋は水分が多いです。
収穫して間もない今の時期よりも
貯蔵して少し乾燥させた冬の時期が美味しくなります。
1番美味しい時期は、、、真冬の1月、2月です。
 


梨は秋の品種「豊水」へと切り替わりました。

梨
水分たっぷりジューシーです。
梨のハイボールにいかがでしょうか\(^o^)/
今週は特売でもご用意しております。


人気のぶどう シャインマスカット

シャインマスカット
皮ごと食べられて香りも◎
自家製デザートにいかがでしょうか(^^)


種無しピオーネです。

ぶどう
定番の黒ブドウ。
こちらは皮は食べられませんのでご注意下さい。
皮ごと食べられる黒ブドウ「ナガノパープル」も
取扱ありますので是非
 


秋の果物「いちじく」は少し品薄。

 いちじく

大変申し訳ありませんがしばらく欠品の可能性がございます。


今週の特売をご案内させていただきます\(^o^)/

・あしらい            各種 1PK 300円
(青いちょう、赤もみじ)
・松茸                 1PK1500円
・種無しピオーネ            1PK480円
・梨(豊水)              1PK280円

 

 

編集後期

昨年の野菜の価格は、台風の影響をモロに受けており
野菜の仕入れ相場が大幅に上がっていました。

レタスや水菜が高かたのを見て今年は安心価格です。

・・・昨年にはこんな記事がありました。

参考までに。

千葉房総での停電被害が大きいかったので
マッシュルーム、サンチュなどの施設栽培系の野菜が品薄に。
他産地もあるのですが絶対量が足りておらず欠品になる可能性が
大きいです。

台風の影響、産地切り替えによる影響と価格が高くなる要素が増えているのが現状です、
価格が下がっている野菜も多種ありますが全体的に高値圏となっております。