毎度有難うございます。
秋の気温になり過ごしやすくなりました。

雨が続いているのが少し気になりますが
野菜の価格も落ち着いてきているので一安心。

実りの秋は美味しい野菜が増えてくる時期。
今週は秋野菜をご紹介。

松茸をはじめ、キノコ、銀杏、芋、根菜と
続々入荷がスタートしています。

入荷が安定している野菜からご紹介をしておりますので
カタログをご要望であればメール若しくはお電話にて
ご連絡を頂ければ幸いです。

 

今週の大田市場、野菜相場は少し下げました!

8 月の後半から続いた野菜の異常な高値ですが
引き合いが低下し価格は1段下がりました。

しかし、入荷量が増えているわけではなく、
品質にも不安要素があります。

 

今週安くなった野菜

・きゅうり
・なす
・サニーレタス
・グリーンリーフ
・レンコン
・長ねぎ
・ほうれん草

品質はある程度回復しましたが
9/20頃までは不安定な状態が続く見通しです。

■要注意品目

パクチーが品薄状態が続いております。
たくさんのご注文は欠量となる場合がございます。

 

今週は少しお安くできましたが….

毎年これからの時期は野菜が高値になる可能性が大きい時期となります。

理由としては、夏の産地が終わり、秋の産地に切り替わる「端境期」になるためです。
夏の産地といえば、北海道や東北、長野等が挙げられますが
秋の産地である茨城県をはじめ関東近郊産地へのリレーが重要です。

特に今年は以上に暑かった影響で、南東北と北海道の産地の野菜の
ダメージが大きいように見受けられます。

品目でいうと、トマト、きゅうり、レタス類。
これらの高値が続いてしまう見通しです。

秋のこだわり野菜をご紹介(^^)

 
これからが旬を迎える野菜をご紹介いたします。
まだ入荷していない品目もあるので
入荷次第ご案内します。

ベジクルはキノコのラインナップも20種類以上取り揃えておりますので
後日特集させて頂きます。
もしカタログをご希望のお客さまは「カタログ希望」とご注文書に
コメント頂けると幸いです。


松茸(輸入)

松茸は八百屋の花形。
日本一お買い得にご用意をさせて頂きます!

ベジクルの選ぶ松茸は少しだけ大きめ。
1パック150gのサイズでご用意致します。

今週は特売をご用意することにしました!

 

松茸については基本は中国産をご用意しておりますが、国産も取扱ございます。
ヒラキ、ツボミ、ご予算などをヒアリングの上手配しますので、
お手数ですがご注文の際には詳細をご記載いただくかご連絡をお願いいたします。

国産松茸(ヒラキ)
国産の松茸は香りが強いので、焼き松茸に国産を利用して
それ以外の土瓶蒸しには中国を使うお客様が多いです。

こちらで400g前後になります。

国産松茸(ツボミ)
ツボミとヒラキとは「傘」の部分の形状になります。

松茸の相場はピンキリなのでご相談ください。
↑のツボミの上物ですと2万円強の相場になっておりました。
2~3日前にご相談いただけると競り場で買うのでお安くご用意することが可能です

 


新銀杏

新物の銀杏は実が翡翠色です。

加熱をするとさらにきれいな色に変化するので
これで一品が出来上がりですね。

 


京枝豆(紫ずきん)

この枝豆は夏の終わりが旬を迎える枝豆です。
9月に入り入荷が始まる晩生の品種です。
黒豆系の枝豆なのですが、なんと言っても粒が大きいのが特徴。


落花生

ようやく入荷スタートしました。
大粒品種の「おおまさり」が出てくるのは再来週以降になると思います。

まだ入荷して間も無く欠品するリスクが少々あります。
ご注意ください。


 

石川芋

小粒の里芋、入荷スタートしました。
来週以降少し増えてくる見通しです。


シャインマスカット

秋のフルーツと言えばこれです。
シャインマスカットは大人気です。
二年くらい前から香港に輸出されておりますので
価格が崩れにくくなっております。
今週は特売をご用意!


 

今週の特売野菜は

・松茸    1PK   1300円    
・新銀杏   1PK  700円
・エリンギ  1PK   100円
・れんこん  1Kg   7
00円(300gからご注文OKです)
・シャインマスカット 1PK  1000円

 

 

秋の旬野菜まとめ

写真付きのカタログもご用意しておりますので
興味がありましたら営業若しくは事務所までご連絡下さいませ。
青イチョウの葉
赤もみじ
松茸
インカのめざめ
秋茄子
蓮根
新銀杏

かぼちゃ
安納芋
紫芋
むかご
ぶどう
いちじく
洋梨

 

旬の食材でメニューを楽しんでもらえると嬉しいです。
引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 



栗は入荷スタートしています。
入荷が安定していないので欠品のリスクが少々あります

From 池田将義
 
毎度ありがとうございます。
気温のアップダウンが激しい今日この頃。
体調のほうはいかがでしょうか。

連休が明けて少しずつですが、
野菜の入荷量が増え相場が安くなってきました(^^)

 

 

今回は産地のレポートからご案内



今週はバイヤーと北海道の産地視察と産直契約に行ってきました。

見渡す限りの広大な畑では、農作業の真っ最中。
北海道はとにかく畑の面積が大きい。

東京ドームと同じサイズの畑(約5町歩)で生産者さんが颯爽と働いていました。

東北、北海道は苗の定植時期です。

玉葱50トン、メークイン5トンなどなどスーパー向けの産直野菜を契約
野菜の大人買いをお供させてもらいました

産地からは食品スーパー、加工メーカー、カット野菜工場や飲食店へとお届けしています。

野菜の売れゆきが鈍って困っている産地、生産者さんの役に立てるよう
今年はより生産に近いプロジェクトにも挑戦する予定です。

(詳しくは北海道の出張レポートをご覧ください!)

 

 

今週の大田市場の野菜相場は少し下げました

GW明けたこの時期は生産者さんが農作業を優先してしまいます。
そのため収穫が後手となり、入荷数量は微増の状況です。

葉物を中心に安い品物も多く、高い価格帯ではありませんので
ご安心いただければと思います。

安くなった野菜は果菜類が中心

じゃが芋
ほうれん草
茄子
トマト
オクラ

来週以降は、入荷が増えて野菜の価格は安くなる見通しです。
じゃが芋類に関してはまだ高値が続く見通しです。
緊急措置として中国産のものを

 

この先リスクは梅雨です

梅雨時期は、カビ系の病気で野菜の鮮度が下がる傾向にあり
値段も高くなりますのでご注意ください。

今年は例年より19日も早く沖縄、鹿児島の梅雨入りが
始まったことが心配しています。

鹿児島にある当社の契約産地の生産者さんも収穫に追われて大変なようです。
九州地方はこれからの主力産地ではありませんが、
梅雨入りの早さが異常気象の可能性もあるので懸念しています。

※5月後半より玉葱が新物に切り替わります。
新玉ねぎは貯蔵と比べ水分が多くなっております。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

今週は旬のフルーツをご提案

アルコールが出せない今の時期は
「フレッシュフルーツのノンアルカクテル」に挑戦してみてはいかがでしょうか!

今年はスイカをはじめフルーツが美味しい年です

お得な特売もご用意しております。
ぜひお試しください

 

小玉すいか


甘みが乗ってきました!
ドリンクメニューにもお試しください。
大玉もお得に出せるので生搾りジュースに◎

 

赤肉メロン


メロンはこれからが旬です。
写真は茨城産の赤肉メロン。
国産のアンデスメロンも入荷しています。
国産が目立ちますが、、

輸入のハネジューメロンは安くて味が乗ってウマいです!
 

アメリカンチェリー


今年は不作傾向のようで、安くなりにくいとの情報です。
でもでも、、今週は頑張って特売ご用意します!

 

ピーチパイン


沖縄産、芯まで美味しいパイナップルはいかがでしょうか~
季節限定のピーチパインはほんのり桃の香りがするパインです。
入荷がない場合にはスナックパインにて代替えさせて頂くことがあります

 

国産マンゴー


国産は高級品。
まだ1PK2000円近くの価格です。
 

完熟アップルマンゴー(メキシコ産) 

輸入のマンゴーでも航空便でくる完熟物は十分おいしいです。
価格もお手頃でご用意できるのでぜひお試し下さいね。


 (そのほか、タイ産の航空便マンゴーもご用意しています)

 

 

野菜の特売もご用意しました

米茄子


 
これは来週の特売で100円でご用意する段取りを組んでまいりました。
最近の米茄子は育ちがいいためか、少し長い傾向にあります。
B品ではないのでご安心くださいませ!
 

トマト

 

バイヤーがトマトを安く仕入れてくれたので
特売をご用意させて頂きます!! 

 

今週の特売

・米ナス      1個    100円  
・トマト         1個     80円
・トマト(安)1箱  1000円
・小玉スイカ 1個 900円

・アップルマンゴー  1個400円
・アメリカンチェリー 1PK 400円

ご用意させていただきました!
特売のリクエストがあれば営業までお気軽にお声がけくださいね

 

 

編集後記

北海道はでっかいです。
少しだけ雑談を!

今回の日程では札幌から帯広に5時間かけて移動しました。
驚いたのが天気も気温も違うこと。

 

帯広の一部では先日大雨が降ったようで畑がレンガのような状態に。
こちらは長葱の苗です。
スーパーとの契約栽培で2反歩の試験栽培をしております。
収穫は9月頃を予定しております。

長ネギはKg単価も高めなので生産者さんの収入も多い野菜ではあるのですが
畑で栽培する日数が長いのが難点…

土寄せなどの作業もあるので手がかかるのですが、他の作物と時期が被らないので
この先の力を入れていく予定です。

 

スーパー向けの大根の畑です。

 

 

スーパー向けのアスパラガスの畑です。

こちらはスーパー向けのじゃが芋の契約栽培の畑。
じゃが芋は「ジャガイモシストセンチュウ」という害虫が蔓延しており
九州も不作、北海道との産地切り替え時期は大騒動になると予想されています。

スーパー向けだけでなく、加工食品向けのじゃが芋もニーズが高まっているため
今年は契約栽培を強化し数量の確保をしています。

加工原料をはじめスーパー青果用の野菜の産直流通まで一気通貫でバリューチェーン構築を
しておりますので、関わる皆さまの幸せに少しでも貢献できるよう挑戦は続きます。

 

 

From 池田 将義

毎度ありがとうございます!

コロナ、コロナと連日の報道に少し疲れてしまいますね。

海外では感染者が減りだしているとの報道もあるので
ワクチンが大量に入荷予定の5月に期待したいところです!

 

今週の大田市場、野菜相場は安定してます

ここ最近は天候が安定しているので野菜の入荷も比較的多く
価格は全体的に安値で推移しています。

産地の切り替えが進んでいる状況なのですが
貯蔵野菜を中心に一部の野菜が高くなっています。

価格の安い野菜です!

きゅうり
レタス
白菜
キャベツ

冬の貯蔵野菜は高くなっています。
特にメークインは値段が高いのでご注意ください。

れんこん
じゃが芋
メークイン
長葱

来週以降も天候は安定しているようです。
コロナの影響で需要も衰退していることもあるので
価格が高くなる可能性は低いですが
貯蔵野菜は注意が必要です。

今が美味しい野菜をご紹介

 

そら豆

 

ミニトマト

昼夜の寒暖の差が大きい今の時期はトマトが美味しい時期です。
ベジクルではこだわりの愛知産のミニトマト。

今週はイエローのミニトマトも一緒に特売でご用意していますので
カラフル野菜をお楽しみくださいね!

アスパラガス

アスパラはグリーン・ホワイト・紫とご用意しています。
紫は湯がくと色が抜けてしまうのでご注意ください。
今年は例年よりホワイトが安めです。

 

ズッキーニ

ズッキーニは緑、黄色とご用意しております。
カラフル野菜でメニューを華やかにしてくださいね!

来週の特売です!

春のお野菜をたくさんご用意しました(^^)

 

・そら豆        500g 300円
・ミニトマト      1P     150円
・黄色ミニトマト    1P     200円
・ズッキーニ         1本    150円
・根付マシュルーム   1P     150円

From 池田 将義

毎度ありがとうございます。
今週末あたりから花粉症が悪化していて困っていますが
ようやく春が来ましたね!

三寒四温と言いますが気温のアップダウンが激しいので
体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

今週は特売商品を探しに大田市場を散策。

最近は出張やらミーティングが重なって行けていなかったのですが元気ないですね〜
キノコ類の動きが鈍ってきているのでお安くご用意できそうです(^^)

野菜、果物のもつビタミンやミネラルは免疫力を高めてくれる効果もあります。

コロナの問題も一緒に乗り越えていけるパートナーとして頑張りますので
どうぞよろしくお願い致します!

 

 

今週の大田市場の野菜価格は全体的に下げてます

以前のブログでも書いておりますが
冬の産地と春の産地からの入荷が重複しているので
葉物野菜を中心にさまざまな品目が安くなっています

・ほうれん草
・小松菜
・水菜
・サニーレタス
・グリーンリーフ

しかし一方で、端境の野菜は高くなっています。

・長葱
・人参
・じゃが芋
・メークイン

 

野菜の相場は天気、気温に大きく依存しています。

そのため、いちど気温が上がると
日本中の産地から一気に品物が出てしまうので
入荷量がドカンと増えて価格が安くなります。

お客様のコストダウンに貢献できるように
最善を尽くします!

こだわり野菜のご提案です

 

おすすめ野菜BOXは水茄子が登場でカラフルになってます(^^)
これで1000円の超特化商品です。(ロマネスコ入荷減少してます)

内容 
スイスチャード
彩ミニトマト
水茄子
黄ズッキーニ
紅白大根
革付きヤングコーン


春はトマトが旨いんです

昼夜の寒暖差がトマトを美味しくします。

特売用にアメーラトマトをご用意しております!

春の野菜も入荷がドンドン増えてます!


花わさび
さっと湯がいた花わさびは苦みと辛さが癖になる。
こだわりの一品です。
和食だけではもったいない!
パスタにもおすすめです。


行者ニンニク

天ぷらやフリットが美味しいです。
ニンニクのような香りの強い山菜です。


タラの芽

定番の山菜です。
見た目もかわいいので
グリル野菜に添えるのが一押しです。


こごみ

タラの芽にならんで春っぽい見た目の
定番の山菜です。
クセも無いので使い勝手いろいろです。


わらび

従来はケース売りのみでしたが、期間限定でパックにて
手配させていただきます(^▽^)/
春の野菜をお楽しみくださいね~
 

初夏の野菜もゆる〜く入荷スタート

こちらは時期が来たら改めてご案内します
旬を先取りしたいお客様はご相談くださいね~

みょうが竹
 
 

新ショウガ
 

ミニアスパラ
 

フルーツも盛りがってきています


小玉スイカ
まだまだ味は乗っていませんが、ハシリの果物なので
ご用意させていただきました。
昨年は小玉スイカのカクテルを飲ませて頂いたのですが
非常においしかったのでお試しになってください(^^)
 

さくらんぼ
こちらもハシリのさくらんぼです。
決して安くないのですが参加までに。
(1パック1000円くらいします)
 
 

宮崎マンゴー
こちらもまだ高いです。。。
5月ごろまでお待ちくださいね。
 
 

今週の特売のご案内

 

・アメーラトマト(3個入)   1パック450円
・こごみ        1パック300円
・ズッキーニ      1本  100円
・ミニアスパラガス   1パック200円
・ぶなしめじ        1パック80円
・ エリンギ        1パック80円

お客様のリクエストで特売を組ませていただきました。
どうぞ春のメニューをお楽しみになってくださいね!

 

まもなく桜も咲きそうですね(^^)

この時期には、あしらいである 「桜の枝」 をはじめ
「桜の花塩漬け」 「桜の葉の塩漬け」など桜商材が増えています。
メニューにプラス一品、お試しいただければと思います (^^)

 

 

From 池田 将義

本年もどうぞよろしくお願い致します。

年始から大変な状況が続いておりますが
一つ一つを丁寧に。

お客さまの役に立てるよう最善を尽くします。

 

さて、緊急事態宣言が再発動されて少し混乱気味ですが
今回の宣言では飲食店への支援も前回に比べ
手厚いので少し安心していますが

我々のような卸業者は涙。

残念なことに飲食店に卸している事業者には補償はなく
経営的には大変な状況となっております(涙)

ベジクルでは協力会社に委託していた業務を一時内製するなど
まずは、今できることを前向きに取り組んでおります。

この先、配送スケジュールの調整をはじめ、
お客様にもご協力をお願いすることもあるかと思います。

withコロナのタイミングでは柔軟に変化することが求められているので
従来の常識にとらわれない施策を導入していきたいと考えています。

多くのお客様と共に乗り越えていけるよう頑張りましょう!

 

 

 

初荷の大田市場をご案内!
 
ご祝儀相場の「さくらんぼ」1箱100万円だそうです。
1粒1万円くらいの価格です。ビックリ

宝船は年始の限定商品。
20万からのご祝儀相場です。

 

年始の大田市場、野菜相場は全体的に上げてのスタート。

年末から続く寒さの影響もあり葉物野菜を中心に強気の相場です。
連休明けるまでは出荷数量が増えてこないのですが
成人式の日を境に少しずつ野菜の価格は下がる見通しです。

飲食店さんが苦しんでいる中、心苦しいのですが
ご理解頂けると幸いです。

高値の品目
・ほうれん草
・にら
・春菊
・小松菜
・大根
・キャベツ

 

tsukasa ?
最近お客さまより
『いつになったら安くなるの??』
『なんで高いの??』
とお問い合わせ頂くことが多いので、
野菜の価格が安くなる為への条件を書いてみました。

野菜の相場は需要と供給のバランスで決まります。
①入荷増加→気温が上がり生育が加速すること
②入荷増量→産地が増えて入荷全体量が増えること
③需要衰退→野菜が売れなくなって入荷分があまり出すこと

天気が良くなって入荷数が増えてくれるしか選択肢は無さそうです。
また、3月頃になれば春の産地からの入荷が始まるので入荷元が重複すれば
供給量が増え相場は下がる可能性が大きいです。

今の時期の産地は西南暖地です
西南暖地とは九州、四国、東海地方を中心とした
冬の野菜産地を言います。
ここの気温が上がってくれたお陰ですね。

 

市場にも春の野菜が少しずつ入荷しています。
まだ年始のため安定入荷しておりませんので
今回は少しだけ山菜をご紹介させてもらいますね(^^)

筍
写真は中国産の筍です。


ふきのとう


こごみ


タラの芽


葉玉ねぎ

後日、山菜の特集ページをご用意しますのでお楽しみにどうぞ(^^)
では本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

<参考URL>

東京都中央卸売市場 取引情報

卸売市場情報

新聞「農民」卸売市場法「改正」で今後どうなる

 

From 池田 将義

毎度ありがとうございます。
冬真っ盛りの12月後半。

日本海側では大雪が降っており
東京でも気が抜けない寒さが続いています。

来週の12/21(月)より、二十四節気では冬至(とうじ)に入ります

1年で最も夜が長く昼が短くなり太陽の力が一番弱まる日ですが、
翌日からは再び強まるということから、運が向いてくるとされています。

今年はトホホな年でしたが、
少しでも流れが変わってくれるといいなと思っています(^^)


ぜひ柚子湯で温まってくださいね!

もともとは「一陽来復」の運を呼びこむ前の、
厄払いするための禊(みそぎ)だったとか。

 

野菜は先週からの続く寒波の影響で、入荷がジワリと減ってきています。

この時期に野菜相場が高くなるのは毎年のことなのですが、
今年はそれでも安く感じます。


市場は正月商材の競りが始まり少し師走っぽくなってきました。

今年は八つ頭や海老芋などの正月商材は不作のようです。
どうやら台風が影響しているようで、ビックリ。

クリスマス頃から寒気が流れ込んでくる予報も出ておりますので雪や雨が降りやすくなりそうです。
気温のアップダウンも激しくなりそうな雰囲気。体調管理にはくれぐれもご注意下さいませ。
年末年始にかけては「年越し寒波」で荒れた天気となる見通しです。


おすすめBOXも増量サービス中です(^^)
年末の最後のひと踏ん張り、しっかりサポートさせて頂きます!!
 

今週の大田市場、野菜相場は全体的に上がっています。

年末年始の出荷量の調整もありジワリと野菜の価格が上がっている状況です。
しかし、例年と比べると安い価格です。

葉物や長ネギを中心とした一位部の野菜は少しだけ高くなりました。
キャベツ、大根、白菜などの大型野菜は価格は低空飛行。

野菜相場を見ていると「果菜類」と呼ばれる夏野菜系の一部が高くなっております。

特に目立つのが「きゅうり」「茄子」です。

他には「しし唐」が高値。
こちらは毎年恒例の感じですが
1パック500円超えておりますので使用の中止をご検討下さい。

また、ズッキーニや茄子やトマト、苺などが
品薄状態になっておりますので価格は強めです。

今週の価格は基本、据え置きで年始まで固定させて頂く方向です

・万が一大幅な上昇や下落があった際はアナウンスの後、変更させていただくこともございます
・今週は特売をお休みとさせて頂き、商品確保にエネルギーを集中させるように最善を尽くします。


小松菜

小松菜は少し上げていますが、今年は安心できそうです。

お雑煮に入れるので人気があるのでご使用の中止をおすすめします。
比較的、ちぢみほうれん草はお求め易い価格で推移しています(^^)

 


かぶ

カブは菊花漬けという浅漬けに使用されるため、少し高値です。


金時人参

金時人参は2月頃まで入荷の予定です。
濃い紅色はお正月を感じさせてくれますね!


ゆり根


食用菊、もって菊

お刺身のつまに、煮物の上に散らしても。
彩り豊かな花びらをご使用ください。

 


海老芋

繊維質が緻密で、歯ざわりもいい里芋。
海老芋です。
年末年始の煮物需要が落ち着いたら少し価格が下がる見通しです。

 


From 池田  将義

毎度ありがとうございます。
すっかり寒くなってきましたね。

ココ最近の冷え込みの影響で果菜類を中心に
野菜の入荷が急激に減ってきました。

先週に続きいつ高くなってもおかしくない状況ですが
野菜相場は低空飛行。

寒さに強い冬野菜系のものは比較的には順調で
白菜、大根、長葱などは落ち着いています(^^)

この先、最低気温が5度を切ると入荷数量が極端に減少します。

詳しくは下でレポートさせて頂きます!
 

今週の大田市場、野菜相場は安値で安定

 
野菜が高くなる安くなるといった原因は複数ありますが
一番は天候起因の「入荷の増減」が影響します。
最近の気温の低下を受けて、一部の野菜類は入荷が減少

・トマト
・きゅうり
・茄子
・しし唐

今週は上記、夏野菜系のものが中心となっておりますが
来週以降は産地の出荷調整も予想されますので
全体的に底上げされていくと思われます。

今年の野菜相場は、昨年に比べると異常なまでに安い状況。
しかし年末相場を考慮すると気が抜けません!

 
ご注意頂きたい部分としては
苺の相場が上がってきているという部分です。

今年は暖冬だった為に出荷が前倒しになっております。
今週急激に寒くなってきているので、数は減ります。
クリスマスシーズンは例年通りに高値、品薄になります。
 

こだわ野菜のご紹介

人気商品の「オススメ野菜BOX」

をご紹介します。
バーニャカウダ、チーズフォンデュ、温野菜サラダ、グリル、蒸し野菜
使い方は色々です。

その日のお買い得野菜を詰め合わせしています(^^)
内容は少々変わる可能性がありますが、今週は1品増やしてボリュームUPの予定です!!
写真映えするメニューに是非お試し下さいね。
 


ひいらぎの葉


来週末になるとクリスマス。
直前になると急に品薄になるので、
早めにお買い上げいただくことをオススメしています。
 


芽キャベツ

煮てよし、焼いてよしの芽キャベツ。
先日は回鍋肉に入っていたのを食べましたが非常に美味しかったです。
冬の美味しい野菜の一つですね。


苺は高値注意報


上にも書いておりますが、苺はこの先高くなります。
理由として、産地の出荷コントロールもあります。
例年ですと12/23辺りには1パック1000円超えてしまうので
少し早めに調達することをオススメしております。


かぶが旨い!


寒くなると根菜類が甘くなり美味しくなります。
今週のオススメは「かぶ」です。
チーズ、乳製品との相性も非常に良いので和洋中問わず使えますよね(^^)
特売ご用意させて頂きました。


安納芋


収穫後の貯蔵期間も経過し、だいぶ味が乗ってきました。
天ぷらやグリル、デザートメニューにも使える美味しいお芋です。
是非ともお試しになって下さいね。


来週の特売です

              (期間12/16-21)

・かぶ   5玉入り   1束180円
・金時人参      1本150円
・安納芋       1本180円
・さつまいも    1本150円

From 池田 将義

毎度ありがとうございます。

暖冬の影響で野菜相場は落ち着いております。

あしらいは梅の枝(白)をはじめ、紅梅など春商材が増えてきています。
今週は春のお野菜をご紹介させていただきますね。

筍や山菜はまだ高値です。
特売やご案内は来週以降にさせていただく予定ですが
簡単にご紹介させて頂きました(^^)

 

今週の大田市場、野菜相場は少し下がっています

野菜の相場がジワリと下がってきているところです。
年末は例年よりも安値でご納品ができたので一安心でしたが
この先の相場の推移は読みにくい部分がございます。

特にこれからは24節気で小寒、大寒の時期。
毎年雪が降ったり寒気が強くなる傾向にあります。

また、野菜の出荷が順調であった反動が出る可能性もあるので
気が抜けない時期です。
 

 

また、この先「旧正月」シーズンに当たるため

輸入野菜の多くは値段が上がる傾向にあります。
こちらも状況を注視し少しでも安くご納品が出来るように最善を尽くします。
旧正月時にはパプリカや筍、金針菜などが品薄になります。

特に金針菜は2〜3月の期間は毎年入荷がストップする傾向にあります。
お取り扱いの際にはご注意下さい。

春を感じるお野菜のご紹介

春といえば、、、筍、山菜、豆類、新玉ねぎですね。
メニューに季節野菜をプラスワン、いかがでしょうか\(^o^)/

筍(中国産)


輸入の中国産筍は通常ケースのみの販売になるのですが
お客様の要望が多数に付き、今年も1本から販売することとしました。
筍はまだ高く、1本500円からの価格です。
旧正月が終われば相場が下がる見通しです。


菜花


春を告げるお野菜の中でも、菜花は使い勝手の良い一品ですね。
辛子和え、お浸しも美味しいです。


スナップエンドウ


【写真左】べジクルのスナップエンドウは品物が違います!
産地にこだわりプックリと豆の膨らんだ一品をセレクトしています(^^)
普通の品物と比べるとこんなに違います!!


新玉ねぎ


サラダでお浸しで美味しい新玉ねぎ。
長崎、静岡産が中心となっております。
1玉約250gとなっております。


そら豆


炙って一品出来上がり。
かき揚げやスープにしても美味しい春野菜です。
鹿児島産、宮崎産が中心となります。


博多つぼみ菜


さっと湯がいてマヨネーズ和えが美味しいです(^^)
九州福岡のご当地野菜です。
是非お試しを

山菜類はまだ少し早いので、改めてご紹介をさせて頂きます\(^o^)/

タラの芽


ふきのとう


その他、こごみ、うるい、なども入荷していますので
気になる商品あれば営業までお声がけ下さいませ


 

今週の特売です

今週は春野菜を盛りだくさんご用意させて頂きました。
是非お試し下さいね!
・筍        1本 500円
・スナップエンドウ 100gPK 200円
・新玉ねぎ        1kg300円
・梅の枝      1 PK400円

From 池田 将義

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年はオリンピックの年ですね。
食の業界も卸売市場法の改定があり変化が起きそうな予感。

一つ一つを丁寧に。
お客さまの役に立てるよう最善を尽くします。

年始は市場営業が変則となっております。
ご注意ください。

1/5(日)が初荷
1/6(月)は通常営業
1/7(火) 市場休み
1/8(水) 市場休み 

 

年始で入荷数量が不足することが予想されますので
ご予約を優先とさせていただいております。

ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

初荷の大田市場をご案内!
 
ご祝儀相場の「さくらんぼ」1箱80万円だそうです。
1粒1万円くらいの価格です。ビックリ

宝船は年始の限定商品。
20万からのご祝儀相場です。

 

落としているのは仲卸がほとんど。
当日飾って、その後に
取引先のスーパーに持っていくみたいです。

私も若い頃は、これを落としたいと考えていました。(^^)

 

オリンピックの期間は物流が圧迫されることが予想されます。

「野菜✖️物流」がべジクルのビジネスモデル

だれも解けていない物流のパズルをいち早く解くために
物流機能を最大化し、センター移転を予定しております。
(移転して2年も経過していないのですが…)

お取引規模が移転当時の倍まで成長したため移転を決断した次第です。

私どもの売り上げが伸び成長することが、
お客様のメリットとなるように日々考えております。

仕入量が増えて、仕入れが下がり
取扱量が増えて、設備がより良くなり
スタッフが増えて、体制が安定します。

 

年始の大田市場、野菜相場は全体的に下がってのスタートです。

年末から続く産地の出荷調整もあったのですが
・例年に比べ気温が高かったこと
・雨がいい具合に降ってくれていること

珍しく年始の相場が下がっております。
来週以降の価格変更のタイミングで値下げさせて頂きます(^^)

tsukasa ?
最近お客さまより
『いつになったら安くなるの??』
『なんで高いの??』
とお問い合わせ頂くことが多いので、
野菜の価格が安くなる為への条件を書いてみました。

野菜の相場は需要と供給のバランスで決まります。
①入荷増加→気温が上がり生育が加速すること
②入荷増量→産地が増えて入荷全体量が増えること
③需要衰退→野菜が売れなくなって入荷分があまり出すこと

天気が良くなって入荷数が増えてくれるしか選択肢は無さそうです。
また、3月頃になれば春の産地からの入荷が始まるので入荷元が重複すれば
供給量が増え相場は下がる可能性が大きいです。

今の時期の産地は西南暖地です
西南暖地とは九州、四国、東海地方を中心とした
冬の野菜産地を言います。
ここの気温が上がってくれたお陰ですね。

 

市場にも春の野菜が少しずつ入荷しています。
まだ年始のため安定入荷しておりませんので
今回は少しだけ山菜をご紹介させてもらいますね(^^)

筍
写真は中国産の筍です。


ふきのとう


こごみ


タラの芽


葉玉ねぎ

後日、山菜の特集ページをご用意しますのでお楽しみにどうぞ(^^)
では本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

<参考URL>

東京都中央卸売市場 取引情報

卸売市場情報

新聞「農民」卸売市場法「改正」で今後どうなる

 

毎度有難うございます。
年末年始のバタバタの最中ですが2020年1月の見通しについて
簡単に纏めましたので共有致します。

根菜類

・大根は、千葉産が台風による影響よりも前後の大雨の被害が心配されたが、
出荷に大きな影響はなく、年明けも引き続き2L~Lを中心に出荷される見込み。

神奈川産は、11月に遅れが心配されたが、12月上旬の好天で順調に生育している。
3月まで出荷が続き1月が最大のピークだが、厳しい低温が続くと2月にずれることも予想される。
水分があって気温が上昇するとなると一気に生育が進み、雨が多いと畑に入れず採り遅れの心配も出てくる。

徳島産は、1月についても平年並みの出荷を見込まれる。前年の価格が安かったため、作付の減少が心配されたが、むしろ面積は増えており、自然災害もなかったことから順調な出荷が続くと予想されている。

・人参は、当初、千葉産は雨が多く生育不良があったものの回復している。ピークは12月~1月で、台風により播種が遅れた部分で10〜15%減収することが予測されることから2月以降は平年より少ない見込み。埼玉産の台風の被害はなく、生育は順調である。12月から徐々に減り1月には12月の半分程度、2月末に切り上がる見込み。

 

葉茎菜類

・キャベツは、本年の千葉県産は平年並みの出回りと予想される。。
1~2月にピークが続き、引き続き3~4月まで順調な出荷が予想される。
神奈川産は、11月後半の連続した降雨の影響が心配されたが、その後、好天に恵まれた。
1月は早春系のピークになる見込み。

・白菜は、茨城産は生育時の降雨が多かったことで小振りの推移、
年明けの1月から徐々に減少すると予想される。また、品質が平年と比較し低調推移している。

・長葱は、茨城産が11月後半に天候不順に見舞われたが、
レタスが早く切り上がり、ねぎの収穫に注力できるようになった。
台風の影響から完全に回復し、前年を上回る出荷となろう。

千葉産は、台風と大雨に遭遇したが、欠株などの大きなダメージは受けていない。
軟白部分の長さが確保されて市場価格がしっかりすると、一気に出荷は伸びる。
ただ、風で倒されて起こす作業が繰り返されて、やや曲がりが多くなると予想される。

・ブロッコリーは、埼玉産は前進出荷で増える部分もあるが、
少ないままで平年の半分程度と予想している。
愛知産は数量を増やしながら推移し、最大のピークは1~2月で出荷は6月まで続く見込み。
生育・作業ともに順調で1月は前年を上回る見込みである。

・レタスは、長崎産のピークは年内となり、
年明け1月については寒さで減って12月の半分程度と少ない見込み。
生育は前進気味であり、後半に谷間が生じることも懸念される。

静岡産は、1月の出荷分については平年通り定植は終わっており、
前年および平年並みと予想される。最大のピークである年末年始を越え、
落ちついて安定した出荷が見込まれる。

サイズは、大玉傾向で16~19玉中心の見込みである。
兵庫産も年末がピークで、年明けは緩やかに減りながら推移する。
干ばつ気味で推移したが、潅水が功を奏したこともあり生育順調である。
肥大も良好で、前年よりやや多めの出荷を予想している。

 

果菜類


・きゅうりは、群馬産が1月中旬から始まり、20日過ぎから量的にまとまってくる見込み。
暖冬であることに加え、畑の水もちが良いことから、若干、前進傾向が予想されるが、
今のところ量的にも平年並みと予想している。
宮崎産は前進気味であるが、1月については天候次第であるが、
寒さにより例年、落ち込みがちである。大きな天候の乱れがなければ、順調に平年並みとなる見込み。

・茄子について、高知産は12月に引き続き、年明け1月についても出荷が多く、
前年および平年並みの出荷を見込んでいる。

・トマトは、熊本産の生育は順調で、12~1月はピークとなるが、
特に1月中旬は正月休みの分が出回り多くなるが、その後、色回りに時間がかかって少なくなっていく見込み。

愛知産は小さいサイズが目立ち、夏の高温の影響から、花が飛ぶなど平年より少なめの出荷となっており、
やや不作年の可能性もある。ピークは1月上旬までとなっており、その後やや減っていく。

・ピーマンは、宮崎産は年末から増え始め、1月は平年および前年並み、
2月中旬にもう一回ピークが来ると予想している。
暖冬予想の時は天候が悪いことが多く、生育を乱すことが心配される。

茨城産は、台風による施設の損壊などの影響で年明けも平年より少なめと予想される。
1月はだらだらペースで出荷となり量的にはやや平年を下回る見込み。